きちんと服用しよう

医者

アルコールなどはバツ

どんな薬剤でもそうですが、抗うつ剤でも服用する際に注意してえかなければいけない事があります。一番は一緒に服用する飲み物です。まずビールなどのアルコールとは絶対に一緒に飲んではいけないです。アルコールの中に含まれている成分には、抗うつ剤と一緒に作用してかなり激しい副作用を誘発してしまう可能性が非常に高くなります。そのためアルコールと一緒に抗うつ剤を服用したら、抗うつ作用よりも口の渇きや手の震えなどの副作用がきつく出る可能性が出てきますので、アルコール類と一緒に飲むのは厳禁です。またアルコール以外でも柑橘系のジュースも同じです。柑橘系のジュースには薬剤の成分を変質させる働きがあり、下手に抗うつ剤と一緒に飲むと、アルコールと一緒に服用したような感じになります。特に柑橘系の中でもグレープフルーツジュースにはその傾向が非常に強くなるので、グレープフルーツジュースと抗うつ剤を一緒に飲んではいけないです。後の飲み物はほとんど大丈夫ですが、念のため薬剤師に確認した方が良いです。抗うつ剤は服用する時間も非常に大切になります。抗うつ剤の中には眠くなる成分が、抗生物質などよりもかなり大量に含まれています。場合によっては睡眠導入剤の代わりに使われる薬剤もありますが、そのような薬剤だとかなりの眠気が来る場合がほとんどです。そのためほとんどの精神科医は抗うつ剤は夕方から夜間に処方します。精神科医は体重などを頭に入れて処方するので、夜に服用しても朝にはきちんと起きられるように、薬剤の分量を定めて処方しています。そのような理由で精神科医が処方した通りに服用したらまず大丈夫です。万が一飲み忘れした場合には、昼間に飲んではいけません。精神科医が支持していない昼間に服用してしまうと、睡眠作用が働き、大事故の原因となってしまうからです。その際には必ず精神科医かもしくは調剤した薬剤師に連絡を取り、支持をもらう必要があります。どうしても連絡が付かない場合には、一回飛ばして夕方からリセットしたほうが絶対に安心です。自己判断で追加の薬剤を飲んではいけません。

きちんとした治し方

病院

うつ病はきちんと抗うつ剤を服薬するのと、本人にとって嫌な環境を整理していくなど、環境調整をしていくのが大切なポイントになります。この二点さえ守っていけば、大幅にうつ病が悪化してしまう可能性はかなり低いです。

もっと詳しく

診療を受ける前に相談する

薬

うつ症状や抗うつ剤を飲むにあたって不安になったら、一人で悩まず福祉協議会の相談員や医師に話を聞いてもらいながら焦らず気長に治療していくと良いでしょう。 そして、病気を治したい気持ちを強く持つことも大切です。

もっと詳しく

精神障害のセルフチェック

男性

うつ病は病院で診察を受ける前にインターネットなどでセルフチェックできます。会社でもチェックシートを渡している場合があります。治療は心理的治療と抗うつ剤によって行われます。そのほかに抗不安薬や睡眠薬などが処方される場合もあります。

もっと詳しく

精神の病に効果のある薬

看護師

心の病はカウンセリングで改善するのも可能ですが、十分な効果を得たいならば抗うつ剤を使う必要があります。保険を利用して受けられる治療法なので負担が軽く、症状に合わせて薬を変えられるので少しずつ症状を良くできます。

もっと詳しく

脳内環境を整える

薬

抗うつ剤には数多くの種類があります。最新であるほど正確に作用しますが、薬と患者には相性があることから、最新だから効果があるとは限りません。医師は患者の症状を見極めて使用する薬を選択することが求められています。

もっと詳しく