脳内環境を整える

薬

症状から正確な判断をする

うつ病になったときには脳内の環境を正常な状態に戻す必要があります。うつ病はこころの病気という認識がありますが直接的にはさまざまな出来事が原因で脳内環境のバランスが崩れていることです。つまり、脳内環境を整えることが症状を改善するために必要不可欠です。脳内環境を姓強化するために服用する薬が抗うつ剤です。いきなり薬を処方されると不安に感じる患者もいます。脳内環境を整えるためのものであり、依存性などがないことを丁寧に説明する医療機関を選ぶことがひとつのポイントです。脳内にはさまざまな神経伝達物質が分泌されており、そのいずれかのバランスが崩れていることからうつ病は発症します。正常にしなければならない神経伝達物質に正確に作用する抗うつ剤を選択することがポイントです。また、すぐに効果が現れるものではなく、医師の経過観察が何よりも重要です。そのため、こまめに診察をしてくれる医療機関を選ぶこともポイントです。薬により急に症状が変わることもあり、そのような場合にも対応してくれると患者の家族も安心できます。抗うつ剤の研究の歴史は長く、さまざまな種類の薬が開発されています。古くから使われているものとしては三環系と呼ばれているものがあります。最新のものはNaSSAと呼ばれています。これらの種類は薬の化学構造により分類されています。単純に最新の抗うつ剤であるほど、改善が必要な脳内の神経伝達物質に正確に作用します。つまり、効果を期待できるということです。また、他の脳内の神経伝達物質に影響を及ぼさないことから、副作用が起こる可能性が低い点がメリットと言えます。ただ、最新の薬は高価であることがほとんどです。そのため、経済的な負担は大きくなります。その一方で古くから使われている三環系の薬も今でも多く使われています。古くから使われており、確実な効果と大きな問題点がなく、安心できる魅力があります。また、価格が安いことから経済的に優れています。また、患者個人個人で薬との相性があります。そのため、一概に最新のものを投与すればいいということではなく、三環系など、古くからあるものの方が効果を発揮することは珍しいことではありません。