きちんとした治し方

病院

投薬と環境調整

抗うつ剤を利用する目的ですが、一番の目的はうつ病の再発を防ぐためのものです。うつ病は一度発病すると二度と治ることはないです。そのため根治を目指すのではなく、再発を防ぐのが一番のポイントです。薬剤や精神科医にもよりますが、基本的には夕方以降に服用する事で再発防止となります。中には睡眠導入剤のような利用方法をする場合もあります。薬剤を服用する事で日常生活のリズムを再構築する事も可能です。一度うつ病になると昼夜逆転してしまうなど、日常生活のリズムが崩れてしまいます。しかし抗うつ剤を服用すると、きちんとした生活リズムを再構築する事が可能になります。気分を安定させる役割があるのも特徴です。抗うつ剤にもよりますが、ほとんどの薬剤には気分を安定させる作用がある薬剤がほとんどです。そのためうつ病の治療というよりは、気分を安定させるために使用される場合があります。抗うつ剤はこのようなうつ病の治療だけでなく、多種多様な治療目的で利用される場合がほとんどです。うつ病の特徴ですが、基本的には何もしなくなくなるのが特徴です。何もしなくない時期が一週間以上続きます。そしてその状況は抗うつ剤を服用しないと改善されることはまず無いです。そのためうつ病と診断されたら、精神科医が処方した抗うつ剤を各自に服用する必要があります。次に環境の調整を行う事も大切なポイントです。うつ病の原因は多大なストレスがあげられるのですが、環境調整を行う事でうつ病の症状を改善する事が出来るようになります。例えば両親がストレスになっている場合には両親と離れたり、子供がストレスになっていり場合には子供を保育園に預けたりするなどします。このようにしたらうつ病の改善がかなり違います。働きたい場合などには障害者総合支援法による就労継続支援を利用したり、障害者就業・生活支援センターなどのサービスなどを利用したりすると、適切な仕事に関するトレーニングを受けることができるようになります。このような形で環境調整をしてもらうのも、一つの方法でもあります。