診療を受ける前に相談する

薬

医師に話す

現代社会では、人が多い通勤電車の中や職場の対人関係など、ストレスのを抱きやすくなっています。 これまで出来ていた作業が出来なくなったり、落ち込みがちになったり、夜が眠れなくなるといった事が突然起きてもおかしくはありません。 そして、そのような不調は、うつ病や統合失調症、双極性障害へ繋がるケースがあります。そういった病気にかかると抗うつ剤での治療がメインになります。 うつ症状がではじめたら福祉協議会へ相談するのが良いでしょう。直接訪ねても取り合ってくれる場合もありますが、出来るだけ事前に症状を伝えた上で相談の予約を取るのが好ましいです。 福祉協議会の相談員にはいつ頃症状がではじめたのか、具体的にどのような症状なのか一つ一つ細かく話してください。 そしたら、その人に合った精神科をいくつか紹介してくれます。また、初めてのことで精神科への受診の仕方がわからないといった人がいても心配いりません。相談員が精神科へ電話予約あるいは、直接精神科へ行って医師と会って予約を取ってくれます。そして、申し出をしたら診察の日も相談員が同行してくれます。 抗うつ剤が処方されたら相談員に伝え今後の生活について考えていくと良いでしょう。精神病にかかると自然にドーパミンやセロトニンなど分泌されていたものが何らかの事情により分泌がされなくなってしまうことがあります。 これまで当たり前のように続けていた趣味に対してもやる気が起こらなくなったり楽しいと感じなくなったりしてしまいます。 昔は、脳に原因があると脳の手術を行っていました。しかし、手術で精神的な病を治すことは不可能です。 現代では、失われつつある楽しい感情や安定感、やる気などを再び取り戻すため、抗うつ剤を用いた治療法を行っています。 パキシルやドグマチール、エビリファイ、デプロメールなど抗うつ剤の種類は多く存在しています。 落ち込みがちな日々が続いているのか、夜眠れない日が続けているのか、酷い妄想や幻覚が続いているのかによっても処方される抗うつ剤は変わってきます。 現在起きている症状はできるだけ細かく伝え、副作用が起きないように処方してもらう薬を上手く調整してもらうと良いでしょう。 抗うつ剤は長く続けることによって効果が現れる薬なため、飲んでからは気長に様子を見てください。